手作りのトートバッグの魅力の解説

トートバッグといえばとてもシンプルな形で、厚みのないものなら簡単に作れてしまいそうな気がしませんか?そう、ソーイング初心者でもハードルが低く感じられ、ちょっと作ってみようかな?と思わせてくれるシンプル感が魅力の一つです。手作りトートバッグは少ない生地でも短時間でできます。わざわざお店まで買いに行かなくても、家にある着なくなった服や、キッチンタオル、三角巾などをリメイクするのもエコでお得感があり、楽しめます。最近は無料の型紙をダウンロードすることもでき、思い立った時にすぐ始めることができます。ミシンがなければ、手縫いでも良いし、裁縫用のボンドやテープでとめるのも簡単に作る方法の1つです。どんな工程で作ったとしても、自分でいろいろ考え、大切な時間を使って作り上げたトートバッグには愛着がわき、使った時の喜びもひとしおなはずです。ソーイングの世界に一歩踏み出すには最適の入り口です。

手作りのトートバッグの良さをご紹介します

「売っているトートバッグはあまり気に入るものがない」「持ち手がもうちょっと長ければ」とか、「サイズがちょうど良い物がない」と感じる時、そんな時は手作りトートバッグにチャレンジしてみましょう。きっちり作りたい場合は無料の型紙をダウンロードし、そこから自分の作りたいサイズに修正してみましょう。もちろん型紙なしでもほとんど直線縫いなので問題ありません。生地も最近はインターネットで購入ができるので、気に入ったものを自宅にいるままに、材料をそろえることができます。オリジナルのトートバッグが上手にできるようになれば、次はぜひ人に使ってもらえるものを作ってみましょう。子どもがいる人は子ども用の幼稚園バッグを作ってみたり、父の日や母の日のプレゼントにも気持ちがこもっていて喜んでもらえることは間違いありません。

手作りトートバッグでリメイクを存分に楽しむ

生地を購入して作るのも、もちろん楽しいのですが、家にあるものをリメイクして作るのは特におすすめです。着なくなってしまった自分の服はもちろん、サイズが合わなくなってしまった子ども服は柄がかわいいものも多く、思い出がつまっているので、リメイクしてトートバッグにし、長く使うのは素敵なことです。いろいろな柄の生地をつなぎ合わせパッチワークにしてみましょう。どういう組み合わせにしようか考えるのも楽しいひとときです。秋冬の素材のバッグは値段が高いものも多いので、着なくなったニットやフリース、ツイードの服、を思い切って裁断し、手作りトートバッグにするのはおすすめです。注意点は「ニットは伸びるのでニット用の糸と接着芯を貼る。」ということです。お金をかけずおしゃれを楽しむことができます。