手作りのトートバッグの作り方をご紹介します

トートバッグは、バッグの中でも簡単に自分のお好みの模様の生地で、お好みの大きさのものを作ることができます。持ち手の長さを自分の使いやすい長さにすることで持ちやすいバッグができあがります。また、マチをつけることでお弁当などのマチがある物もスムーズに入れることができます。良く入れるものの幅を図り、マチの参考サイズにしましょう。裁縫初心者の方でも気軽に作れるのが魅力です。表地、持ち手、と製図も2つで済みます。バッグの表にポケットをつける場合でもポケットの製図をプラスすれば簡単に作ることができ、様々なバリエーションを楽しむことができます。ポケットは同じ生地でなく、生地の切れ端を有効活用するのもおすすめです。違う生地、模様がアクセントになります。

シンプルな手作りトートバッグの作り方

お好みの生地を用意したら、表地、持ち手、ポケットに裁断します。次に、持ち手を作ります。生地を縦長に四つ折りにします。四つ折りにすることで生地が丈夫になり、トートバッグに重い荷物を入れた際にも安心です。持ち手の両端を2ミリから3ミリ程度の縫い代で縫い合わせます。次に表地の端を3センチ、1センチの三つ折りにします。はじめに4センチで折り、更に1センチ折ります。アイロンでしっかり押さえると綺麗に折ることができます。折った端に持ち手を挟み、2ミリから3ミリ程度の縫い代で縫い合わせていきます。次に本体を立てて中表になるように縦長に折り、バッグ底の輪の部分から5センチから8センチのところ折りあげます。両端を1センチの縫い代で縫い合わせ、布端をロックミシンか、ジグザグミシンで始末します。バッグ口を5ミリ程度縫い、できあがりです。

マチのある手作りトートバッグの作り方

マチがあるお好みのサイズの既製の紙袋を用意します。紙袋の両脇をハサミで底まで切ります。そして底をさらに切り開き、底の中央も切ります。紙袋が一枚の紙になったら、左右対称の半分のところでカットします。1つはそのままトートバッグの型紙として使用します。お好みの布を用意して本体2枚、見返し2枚、持ち手2枚に裁断します。紙袋の型紙を利用してサイズをチャコペンなどで型取り、カットします。持ち手部分は4倍程の厚みにし、カットします。見返しと本体を中表に合わせて見返しと入れ口の部分を縫い合わせます。本体と見返しを縫ったところは縫い代を割っておきましょう。脇が縫えたら、生地の底を縫っていきます。返し口は縫い残し、続けてマチを縫います。持ち手を縫いつけ、裏地の返し口からひっくり返して形を整えて完了です。無地の生地に布専用のクレヨンやペンで絵を描くのもおすすめです。刺繍をするのも良いでしょう。レースやビーズをつけるとより華やかな手作りトートバッグが完成します。