手作りのトートバッグの特徴をご紹介します

トートバッグは、丈夫な布地で作られた、持ち手が二つある大きなカバンのことで、トートは運ぶという意味合いがあります。本来は多くの荷物や重い荷物を運ぶことを重視したカバンです。カンバス生地や帆布など、厚くて丈夫な生地を使用して作られ、特に底の部分は別の布を縫い付けるか2重にするなどして補強してあり、重いものを入れても大丈夫なように作ってあります。強いものはそれ自体で自立し、洗濯も可能なのでメンテナンスが楽です。デザインがシンプルなことから、世代や時代を選ばず、昔から愛されてきました。帆布などの生地はそのままでも味がありますが、洗いざらしはまた違った魅力が出ます。少し重いのが難点ですが、最近ではもう少し軽いキャンバス地などのトートバッグが主流でデザインもカラーも豊富です。

自分好みのデザインが手にはいる手作りトートバッグ

市販のトートバッグは丈夫にできていて、デザインも豊富ですが、実際に使ってみると、もう少し持ち手が長ければいいなとか、もうすこし横幅が広ければ使い勝手がいいのに、といった希望が出てきます。手作りトートバッグは、自分好みのサイズやデザインが可能です。シンプルな形なので、初心者の方でも作りやすく、始めはミニトートバッグから挑戦してみるのもいいでしょう。本来は帆布などの丈夫な布を使いますが、コットン生地やキルト生地など好みの材料でも作ることができます。作り方は基本的に、両脇を縫い、底部分に大きめのマチをとることで、使いやすいカバンになります。重いものを入れても大丈夫なように、しっかりと持ち手を縫い付けるのがポイントです。慣れてきたら、ファスナーやポケットを取り付けてみるのもいいでしょう。

いろいろなアレンジが可能な手作りトートバッグ

トートバッグは本体部分も持ち手も布で作られていますが、持ち手を皮にすると雰囲気が変わり、クオリティが上がります。縫い付けてもいいですが、金属のパーツを利用するととてもいい雰囲気に仕上がります。持ち手とそこ部分だけ皮を縫い付けると、丈夫になるうえおしゃれに仕上がります。また、生成りの帆布生地やコットン、リネンなどの無地のトートバッグに、スタンプを押したり、熱転写式のシールを張ったりしてオリジナルのデザインを作ることができます。熱転写用のクレヨンもありますので、子供さんのお絵描きをそのままバッグのデザインにするなど、アイデアは広がります。また、古着を再利用するという方法もあります。特にデニムなどはとても強い生地ですので、持ち手などに加工するのもいいでしょう。

1回のお買い上げにつき、5.400円以上で送料無料となります。 長財布からパスケース、バッグまで幅広い革小物を販売しています。 ギフトラッピングは、ブラウンの包装紙、ペーパーバッグのどちらかをお選びいただけます。お問い合わせに関しては、電話・メールともに営業時間内のみの対応になります。 日々のアイディアを届ける「ジャーナル」コンテンツも開設しました。 手作りのトートバッグに挑戦しよう